PAGE TOP

CKDの治療には薬物治療と食事療法がメイン

低たんぱく食品の通販でベストなウェブサイトランキング

あなたがリサーチ中の低たんぱく食品通販の新しい情報を詳細に紹介している特別なサイトです。その他、あなたに是非知ってほしい低たんぱく食品通販の周辺情報もいろいろ公開しました。いち早く確認してみてください。

CKDの治療には薬物治療と食事療法がメイン

CKDの治療には薬物治療と食事療法がメインとなり、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。

減塩と蛋白制限が食事療法の要となり、そのうち減塩食は高血圧治療の手間を省き、一方、蛋白制限食は腎機能の悪化を防ぐ効果が認められています。

減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、日頃の食事よりも蛋白制限食は美味しくない、あるいはカロリー不足などの懸念から、なかなか実践に踏み切れない方も多く存在します。

推奨蛋白摂取量は、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になります。

仮に標準体重を約60kgとすれば、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になります。

食品のたんぱく質含有量についても食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。蛋白量に関する食事療法については、栄養士の指導で様々な工夫について知ることができます。

開業医さんの中には食事指導が難しい場合もあるので、近隣に腎臓内科のある病院がないか訊ねて紹介してもらい、そこで専門的な意見を伺うこともよいかと思います。

お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要です。甘い食べ物の場合でも意外な事にたんぱく質が多く入っているのです。

お菓子には小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、余分なたんぱく質を摂取する事となります。例を挙げますと、ドーナツ1つ当たりには卵1個程のたんぱく質が含まれます。

一日の食事の種類や量についてや、食事のメニューはどのようにしたらよいか、さらに食塩の軽減対策などを指導します。治療用特殊食品の使用は、低たんぱく食事療法の基本となりますので、治療用特殊食品の紹介や使い方なども教えます。

実際に患者さんがどの程度のたんぱく質や食塩を体内に取り入れているかをチェックします。1日24時間の蓄尿の検査から計算します。24時間内に尿へ排泄された尿素窒素やナトリウムの量を調べることで、体内へのたんぱく質や食塩の摂取量を理解することができます。日々の食事で得たたんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。

血液は腎臓でろ過され、不要な老廃物は尿として体外に追い出されます。

たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓に悪影響を出します。腎機能を正常に保つために、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。

とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大切な栄養素であるため、全く摂らない訳にはいけません。

腎臓病に罹患した方の増加が、近年問題になっています。

腎臓は尿をつくる臓器で背中に二つあって働きとしては体内の不要な老廃物を外に出したり、電解質の調整を行ったり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧の調整を行ったり、赤血球を作り出したり、これらの機能は我々の体にとってとても大事です。腎臓病治療は当然病院で薬を飲んだり注射をしたりすることが大事ですが、日々の食事や生活の習慣を見直すことが不可欠です。

慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、機能の一つであるカリウムの排泄能力が衰退していくことが多く、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、排泄されるカリウムの量に応じて、摂取量を減らすことが肝心です。

一般的な野菜ジュースは、材料を濃縮し加工しているため、生の野菜や生の果物と違って多量のカリウムが含まれています。もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、野菜ジュースを常時摂取している場合には高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。腎臓病を患った方が行う食事療法のポイントは、腎臓病の進行を遅らせることと、健康体のキープとされます。

透析の要らない保存期のうちは、食事療法を手掛ける事で腎不全が進行しないようにできますし、結果として透析の導入時期を遅らせられます。

また、透析導入後も、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、食事療法は必須なのです。

カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。

茹でる事で無くせるカリウムの値は、その種類や調理するときの形状・水量・所要時間により相違します。

ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。小さく切る、茹でたらしっかり水を切る、ちゃんと搾るようにすれば、それだけ効果は期待できます。

人体におけるいわゆる3大栄養素が糖質・たんぱく質・脂質になります。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺に留まりづらいのですが、たんぱく質に限っては分解されても7〜8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に腎臓に負荷が及びます。この事から、たんぱく質の摂取量には注意する必要があります。

健康体であるための最低限のたんぱく質摂取量は体重1kg換算0.6g/日であり、一日分で現すと30〜40g程になります。

関連記事