PAGE TOP

慢性腎臓病は進行を遅らせるための低たんぱく食事療法は重要です

低たんぱく食品の通販でベストなウェブサイトランキング

あなたがリサーチ中の低たんぱく食品通販の新しい情報を詳細に紹介している特別なサイトです。その他、あなたに是非知ってほしい低たんぱく食品通販の周辺情報もいろいろ公開しました。いち早く確認してみてください。

慢性腎臓病は進行を遅らせるための低たんぱく食事療法は重要です

水に溶けやすい性質を持つカリウムで野菜・芋類を含んだ食事を作る場合、細かく切り分けて茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。

茹でる事によって取り除けるカリウムの分量は、その種類や調理するときの水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。

ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、ちゃんと搾るようにすれば、それだけ効果は期待できます。近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。腎臓は尿をつくる臓器で背中に二つあって体内で不要になった老廃物を体外へ排出する役割があり、電解質の安定を維持したり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧の調整を行ったり、赤血球を作り出したり、これらの機能は我々の体にとってとても大事です。腎臓の治療はもちろん病院にきて薬を飲んだり注射をしたりすることが大事ですが、普段から、規則正しい食事や生活を送ることが必須です。日々の食事で得たたんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。

血液は腎臓に流れて分離された末、残った老廃物は尿と共に体外へ出されます。

たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。

腎機能を正常に保つために、たんぱく質の摂取量を抑える必要があります。

けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、適量は摂り入れるようにしましょう。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもあるので気をつけるようにしましょう。

甘い食べ物に関しても案外たんぱく質が多く含まれています。お菓子には豆類や乳製品が内蔵されているため、エネルギーが欲しいからと言って一気に食べると、たんぱく質をとりすぎてしまう可能性があります。例えば、ショートケーキひとつには卵1個に近いたんぱく質が内包されています。

腎臓病を発症した方の行う食事療法の趣意は、腎臓病の悪化を食い止める事と、現在の健康状態のキープです。透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、食事療法を手掛ける事で腎不全の進行ペースを抑えられ、透析を始める時期を遅くしていけます。

また、透析導入後も、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、食事療法は必須なのです。1日に何をどれくらい食べたらよいかや、どのようにして献立を考えたらよいか、それぞれにふさわしい食塩の減らし方などを教えます。

治療用特殊食品の使用は、低たんぱく食事療法の基本となりますので、その治療用特殊食品を紹介したり使用法なども教えます。それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、体内へのたんぱく質や食塩の摂取量を理解することができます。

現在推奨されているタンパク摂取量は、標準体重あたり1kgにつき0.8g程度になります。仮に標準体重を約60kgとすれば、一日に必要な蛋白摂取量は単純計算で、約50gです。

食品に含まれている蛋白の量については食品標準成分表を参考にしてもらえばよいと思います。蛋白量に関する食事療法については、栄養士の指導で様々な工夫について知ることができます。

開業医さんで食事指導が難しい場合は、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、そこで専門的な意見を伺うこともよいかと思います。腎臓病の中でも慢性腎臓病に関しては、腎機能の改善が望めず、機能の一つであるカリウムの排泄能力が衰退していくことが多く、体内へのカリウム摂取と体外への排泄の調整が必須条件となり、カリウムの摂取量を確認し軽減する必要があります。

野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュースは、生の野菜や生の果物と違って大概はカリウム含有量が非常に高いです。仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、普段からよく野菜ジュースを飲んでいると、さらに高カリウム血症の症状が顕れるおそれがあります。。薬物療法と食事療法がCKD治療の要となり、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢に行うことが大事です。

食事療法は減塩・蛋白制限が主となり、減塩食は高血圧において治療をしやすくし、蛋白制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。

CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日がふさわしいとされていますが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、蛋白制限食は普段の食事よりも味気ない、カロリーが取れないなどで、実行に移せない方がたくさんいます。人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。

糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質に関しては分解する事で約7〜8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで多少なりに腎臓に負荷が生じます。そのため、たんぱく質の制限が必要となります。

体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日換算で約30g〜40gです。

関連記事