PAGE TOP

腎臓病を患った方が行う食事療法のポイント

低たんぱく食品の通販でベストなウェブサイトランキング

あなたがリサーチ中の低たんぱく食品通販の新しい情報を詳細に紹介している特別なサイトです。その他、あなたに是非知ってほしい低たんぱく食品通販の周辺情報もいろいろ公開しました。いち早く確認してみてください。

腎臓病を患った方が行う食事療法のポイント

腎臓病を患った方が行う食事療法のポイントは、腎臓病の進行を遅らせることと、体調を良好に保つことにあります。

透析が必要無い保存期の間は、食事療法によって腎不全が進行しないようにできますし、結果として透析の導入時期を遅らせられます。

更に言えば、透析開始後も、体調を維持しながら透析に当たるために、食事療法は重要視されます。

カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行いましょう。

茹でた場合に除去できるカリウム量は、食材の品目や調理時の形状・水の量・処理時間によっても異なります。

ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、加えて搾る作業を行う事で、カリウムは減らしていけます。

CKDの治療には薬物治療と食事療法がメインとなり、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。

食事療法に関しては減塩と蛋白制限が軸となり、そのうち減塩食は高血圧治療の手間を省き、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。CKDステージ3に対する推奨は、減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日ですが、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、カロリー摂取が満たされないなどで、実行に移せない方がたくさんいます。人体に必要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。

糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質は分解されると7〜8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、腎臓に負荷が及びます。

それ故、たんぱく質の摂りすぎは宜しくありません。

体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg換算0.6g/日であり、一日分で現すと30〜40g程になります。

多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、機能の一つであるカリウムの排泄能力が衰退していくことが多く、体内へ摂取したカリウムの量と尿へ排出されるカリウムの量を調整しなければならず、これまで摂っていたカリウムの量を減らす必要が出てきます。野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュースは、生の野菜や生の果物と違ってそのものに含まれたカリウムの量が圧倒的に多いです。そのため、腎機能障害のある患者さんが、日頃から野菜ジュースを多量に摂取した場合、高カリウム血症を発症する危険が高まります。理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。

標準体重が60 Kg前後程度だとすると、おおかた必要な蛋白摂取量は、一日50gです。

食品における蛋白含有量を知りたければ食品標準成分表を参考にしてもらえばよいと思います。

栄養士からの食事指導で、これらの蛋白量に関する様々な工夫について知ることができます。開業医さんで食事指導が難しい場合は、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、その上で、専門的な意見を頂いてもよいかと思います。

腎臓が健康でない方が最近増え、問題となっています。腎臓というのは背中に2つありそこで尿を作り機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、電解質の安定を維持したり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧の管理であったり赤血球の生成にも関係し、私たちの体にとって大切な働きをしています。 腎臓に関する治療は病院に行ってふさわしい治療を受けることも先決ですが、普段から、規則正しい食事や生活を送ることが必須です。

日々の食事ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、メニューに関するアイデアや、さらに食塩の軽減対策などを指導します。

治療用特殊食品の使用は、低たんぱく食事療法の基本となりますので、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。

現実に患者さんがどれくらいのたんぱく質や食塩を体内に含有しているかを明確にします。日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。

尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出されるので、日中の排泄量を調べることで、体内へのたんぱく質や食塩の摂取量を理解することができます。食事を元にして得たたんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。

血液は腎臓中で分解されて、老廃物は尿として排泄されます。たんぱく質を余分に摂れば、それだけ不要な老廃物が増えるので、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。

腎機能を保つためにも、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要があります。とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素であるため、一定値は摂取しないといけません。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、食べ過ぎないように工夫する必要があります。

甘い食べ物に関しても案外沢山のたんぱく質が含まれているのです。

お菓子は小豆や牛乳・卵を活用して作られているので、エネルギーが欲しいからと言って一気に食べると、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。

例を挙げますと、ドーナツ1つ当たりには卵1個分と同程度のたんぱく質が内包されています。

関連記事